トップ

インプラントの魅力

インプラントで負担軽減

インプラントの意味について

インプラントは、もともと体に埋め込む器具のことを指す言葉で、骨折した骨をとめるためのボルトや、心臓ペースメーカー、豊胸のためのシリコンなどもこの意味に含まれていました。最近では歯科治療における存在が大きくなり、インプラントと言うと、顎の骨に埋め込むチタンのことを言うようになりました。この治療法は、チタンの上に人工の歯をかぶせることで、本物の歯のように噛めるというメリットがあります。骨に直接埋め込んでいるので、外れる心配もなく、見た目もとても自然です。噛むことだけでなく、話し方なども今まで通りの生活が可能になります。

メリットとデメリットについて

インプラントとは、虫歯などで歯を失ってしまったところに、人工の歯根を埋め、その上に人工歯冠をかぶせる治療法のことをいいます。この治療のの最大の意味は、もとの歯と同様に噛むことができることと、周囲の歯に負担をかけずに済むことです。人工の歯根はふつうチタン製で、生体との親和性が高く、骨と結合することでしっかりと噛むことに耐えることができるようになります。また、ブリッジのように失った歯の隣の歯まで削ったりする必要がありません。インプラントのデメリットは、持病などにより骨との結合が期待できない人には向かないこと、保険適用でないため費用負担が高額になることが挙げられます。

↑PAGE TOP